マニュアル制作
 
マニュアル制作
制作の流れ
実績・事例
料金の目安
よくある質問
お問い合わせメール
 
製品に同梱する取扱説明書や操作ガイド、あるいは社内用業務マニュアルなど、マニュアルの種類は多岐にわたります。しかし、どのマニュアルの使命も「伝える」という意味では同じです。「人に正確に情報を伝達する」ためには、やはり専門的なスキルが必要になってきます。ただし、「専門」といっても、その製品や業界に詳しいという意味ではありません。わかりにくいマニュアルに不足しているのは、情報を共有していない相手への思いやり。エムツー・ジェイのマニュアル制作は、テクニカル・コミュニケーションの専門家によって行われます。
 
■専門のテクニカルライターが担当します
仕様書などにありがちな難解な技術用語を普通のことばに置き換え、ぶれのない視点で客観的に構成することができるマニュアルの執筆者を「テクニカルライター」といいます。ライターといっても、文章を書くだけではありません。目的やお客様の要望に合わせて適切な手法やレイアウトデザインを構築し、完成までのすべての進行管理を行う総合的なプロデュース能力を持ち合わせて初めて、テクニカルライターと言えるのです。
 たとえば開発者や技術者どうしで文章をいくらこねくり回しても、共有する知識を持ち得ない相手に伝わるマニュアルにはなりません。テクニカルライターは、コミュニケーションのプロ。そして「読み手側」の立場に立てる情報伝達の「架け橋」なのです。エムツー・ジェイでは、経験豊富なテクニカルライターが、総合的な視点からマニュアル制作を行います。
 
■客観的かつ現実的な解決を図ります
「マニュアルがよくないことはわかっているけど予算もないし」「そりゃお金を使ってカラー刷りできれば見栄えはいいけど」。。そういった声をよく聞きます。確かに、理想と現実の差が激しいのがマニュアルです。ごくわずかな例としてカラー写真まで使った豪華なマニュアルがある一方で(本当にわかりやすいかどうかは別問題ですが)、シニアではまず読めない小さな文字で情報をぎっしり詰め込んだマニュアルも数多くあり、それらを一様に扱うことはできません。理想を言う事は簡単ですが、それぞれに事情があるからです。しかし、いくら予算や人手がないからといって、わかりにくいマニュアルのまま放置することにより苦情やミスを誘発しているとすれば、やはり見過ごしてはいられない問題です。
 マニュアル制作にかかわる状況がいくら悪くても、あきらめることはありません。とたえば制約された紙面でいかに情報をわかりやすく展開するか?こういう問題を解決することこそがテクニカルライターの腕の見せ所なのですから。文章の再構成や適切なビジュアル表現により誰も読んでくれなかったマニュアルが読まれるようになれば、波及効果は計り知れないのです。どのような状況であっても解決の糸口はあります。
 

■制作に関するすべての作業をお任せいただけます

エムツー・ジェイでは、豊富なマニュアル制作の経験により、取材・ライティングはもちろん、DTP制作から印刷・納品にいたるまですべての工程をスケジュール管理して作業させていただくことが可能です。社内に専任担当者がおられない場合には、適切なスケジュール表をこちらからご提案させて進行管理をおまかせください。もちろん制作ツールのご指定や小ロット印刷、紙媒体以外での納品形態のご指定にも、柔軟に対応させていただきます。
 既存のマニュアルを改良したい場合、一からマニュアルを制作したい場合、制作の一部だけを外注したい場合。どのような条件でのマニュアル制作でもご相談ください。

ぺーじのトップ
マニュアル制作
カード制作 magca